~ Firstradeの口座開設方法や手数料など必要情報を提供 ~
border

Firstrade Securities Inc.はどんな証券会社?

Firstrade(ファーストレード)とはアメリカのインターネット証券会社です。設立されたのは1985年でオンライン証券として取引を始めたのが1997年。20年以上の歴史があり、本社はニューヨークにあります。

E-trade や Ameritrade に比べてあまりなじみのない名前だと思います。実際、会社の規模はそれ程大きくありません。とは言うものの、日本人の間でそれなりに名前が通っているのは、口座開設が容易で売買手数料が安いためでしょう。

Firstradeのスペルを"Firsttrade"と間違える人が結構いるようです。tは1つだけで、firstのtとtradeのtをかけています。



Firstradeの概要


NameFirstrade Securities Inc.
Address133-25 37th Avenue, Flushing, NY 11354
Webhttps://www.firstrade.com/
Tel1-718-961-6600
Fax1-718-961-3919
E-Mailservice@firstrade.com
HoursMon-Fri 8:30am-9:00pm, Sat 10:00am-2:00pm (ET)

便利なライブチャットもあります。

Firstradeって安全?

会社規模や知名度の低さから「ちょっと安心できないな」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。参考までに、Firstradeがアメリカのマネー雑誌でどのように評価されてきたか書いておきます。かなり評価は高いので他のオンライン証券と比べて危ないと言うことはないと判断できるかと思います。

・SmartMoney
 2004: 5 Stars in Commissions & Fees
 2005: The "Best Deal" among online discount brokerages

・Kiplinger
 2006: The "Clear Winner" in the Mutual Funds Category
      The "Top Clean-Hands Firm" in the Online Brokerage Industry

・Forbes
 Forbes Best of Web Selection

SmartMoney、Kiplinger、Forbesというのはどれもアメリカでは大きなマネー関連雑誌です。アメリカの日経マネー、ダイヤモンドザイ、東洋経済、といえば分かりやすいと思います。最近メディアで紹介された内容は以下で確認できます。

 ・SmartMoney の記事
 ・BusinessWeek の記事
 ・Kiplinger の記事
 ・Wall Street Journal の記事


万が一何かあった場合は?

アメリカの証券会社に口座開設するとなると、もし何かあった場合はどうなるのか、ちょっと不安な人もいるかもしれません。万が一倒産した場合は、自分のお金はどうなるの?というのが一番の心配事です。

一言で言えば、全額保証されています。システムとしては何かあっても全額帰ってくるということです。

Firstradeは Securities Investor Protection Corporation (SIPC) のメンバーになっています。SIPC というのは、金融関係の企業に何かあった場合は顧客の資産を補償する組織で、日本で言えば銀行が潰れても1000万円までは補償されている、というのと同じ類です。この SIPCC によって50万ドルまで、ただし、現金部分については10万ドルまで補償されます。そして、それ以上の部分については、保険会社 Customer Asset Protection Company が保証しています。

疑い深い人は、そもそもその保証が本当に大丈夫なの?という質問をしますが、それを言い出したらどこまで行ってもきりがありません。あなたの東京三菱UFJ銀行に預けてある100万円は本当に大丈夫なの?システムとしては1000万円まで確実に保証されていると言うけど、本当に大丈夫なの?という、どこまで行っても終わらない議論と同じです。

Firstradeへの問い合せ

電話、Email はもちろん使えますが、一番便利なのは Live Chat (ライブチャット)です。Firstradeトップページ右上にある「Live Chat」から行えます。このサービスが使えるのは月~金アメリカ東部時間の 9am ~ 6pm です。日本時間では月から金の 11pm ~ 翌日 8am となります。

メールだと1回のやりとりに1日かかってしまて、ああだこうだしているうちに結構時間がかかってしまいます。電話だと英語の問題がある人も多いと思う。チャットだと電話とメールの中間でとても便利です。


スポンサードリンク