~ Firstradeの口座開設方法や手数料など必要情報を提供 ~
このサイトの情報はかなり古くなってしまいました。
間違いが多くなっていますので、必ずFirstradのサイトを確認してください。
border

アメリカの銀行口座について

Firstradeに限らずアメリカの証券会社で取り引きする場合、アメリカの銀行に口座があるととても便利です。FirstradeとACHでつなげて、Firstradeと銀行間でお金のやりとりが無料で簡単に、スピーディーにできるし、銀行のキャッシュカードを使って、日本でアメリカ銀行口座のお金を円で引き出すこともできます。

ついでなので、アメリカ銀行口座の開き方を説明しておきます。

方法は大きく3つ。

 ・Union Bank of Californiaに口座開設する
 ・ハワイにある銀行に口座開設する
 ・アメリカ本土の銀行に口座開設する

順に説明していきます。




Union Bank of Californiaに口座開設する

一番簡単なのは、Union Bank of California(UBOC)に口座開設することです。UBOCは東京三菱UFJ系列の銀行で、アメリカ西海岸を中心に店舗展開しています。現地駐在員なんかは使っている人が多いです。日本語が通じるし、それなりに日本文化にあったサービスで使いやすいのですね。

東京三菱UFJでは、東京三菱UFJに口座を持っている人向けに、UBOCの口座開設サービスをしています。これを使えば日本にいながら簡単にアメリカの銀行口座を持つことができます。

 ・東京三菱UFJの口座開設サービス
 ・Union Bank of California


ハワイにある銀行に口座開設する

アメリカの銀行に口座を開くのに一番簡単な方法は、ハワイに行って開くことです。ハワイなんか行かないよっていう人も、口座開設のために是非行ってみてください。なかなかいいところです。話がそれましたけど、それが一番早くて簡単です。

ワイキキ(ハワイで旅行者が一番多く集まる場所)にはハワイ系の銀行が沢山あります。どこでもいいので、入って行ってください。持っていくものはパスポートだけです。英語が全然ダメな場合は、日本語を話せる人を呼んでもらいます。日本人はお得意さまなので、だいたいどこの銀行でも日本語を話せる人がいます。

開く口座は、Savings Account(普通預金口座)とChecking Account(当座預金口座)の両方です。必ず両方にします。日本人的には、個人が当座預金を持つ意味がよくわからないかもしれませんが、とりあえず両方開設します。

口座の「グレード」を選ぶ必要があります。グレードというか、レベルというか、日本の銀行にはほとんど無い考え方なので、該当する日本語が分かりません。

例えば、Checking Accountの場合、常に1000ドル以上口座にあれば口座維持費がかからない、とか、常に5000ドル以上あれば利息がよけいにもらえるとか、そういう風に、口座残高によって受け取るサービスと支払う手数料等に違いが出てきます。何がどうなっているかは、銀行によっていろいろなので、そんしないようによく確認してください。もし、わけが分からない場合は、とにかく口座残高がゼロになっても一切維持費などがかからないものを選ぶことをおすすめします。

Checking Accountで、Personal Check(小切手)はいるか?いらないか?と聞かれることがあります。口座開設時の発行は手数料無料の銀行が多いですが、銀行によっては発行料を取られます。もし、Personal Checkについているかいらないか聞かれなかったら、念のため、必要だと言うことをはっきり伝えた方がベターです。日本人は作らない人が多いので、そういう前提で進められてしまうかもしれないからです。

口座開設と同時に入金するわけですが、ドル現金でもトラベラーズチェックでもどちらでも良いです。とりあえず少額だけ入金して、後は日本から送金することもできます。ついでなので、必要なだけ全部トラベラーズチェックを持って行くこともできます。

アメリカ本土の銀行に口座開設する

ハワイは行きたくないけど、アメリカ本土へ行って、銀行口座を開きたい人もいると思います。Social Scrutity Number を持っていないと口座開設は難しいです。

どうしてもというならば、当たって砕けろで試してみるしかありません。または前もってメールや電話で問い合せるなどしてみるしかないですね。

スポンサードリンク